ウデデアケラレル ドアノブ、Reknob(リノブ)

 

開発の思い

きっかけはNHKのwebニュースでした。「新型コロナで変わる 持続可能なものづくり」という記事を読んで、私自身でもハンズフリードアオープナーを開発して、世界中で同じ痛み、悲しみを味わっている現状で少しでも何か役に立てればと思い、開発しようと決心しました。
新型コロナウィルスによる身体への影響で、一番の被害を受けるのは高齢者だと言われています。今回開発したReknobは、新型コロナウィルス等感染症防止に役立てる製品であること、手や腕に障がいがある人でも扱える、ユニバーサルデザインであるということを念頭に置いて、開発をスタートさせてきました。
Reknobを不特定多数が使用する施設(公的機関、病院など)のトイレのドアやスーパーやコンビニの冷凍庫の取手に設置することで、新型コロナウィルス等感染防止対策に貢献することができることの他、手指の不自由な障がい者の方の補助ツール(自助具)としてもことができます。

安心

1116.png
  • 新型コロナウィルス等接触感染防止に役に立てる

  • ​手を使わずに腕を使ってドアノブを開けられる

使いやすさ

  • ユニバーサルデザイン(手や腕に障がいがある人でも簡単に扱える)

  • スムーズにドアの開閉、出入りができる       

取付やすさ

  • 既存のドアノブ取替不要

  • ​ドライバー1本で取付可能

  • ​​様々なサイズ・形状のドアノブに対応可能

 
 
 
201.png

nomosについて

nomosは2017年から自家焙煎コーヒー豆の販売と岩手県内のイベント出店を主な事業としています。また高齢者施設、障がい者施設に出張コーヒー店として、日々のレクリエーションの時間や施設の夏祭りといったイベント時に施設に出向いてコーヒーを提供しています。
もう一つ製品開発・設計デザインの受託事業も行っています。
設計・開発受託分野に関して、岩手大学(工学部)において、①材料の評価・研究を行ってきたことから材料評価ができること、②就職した大手建設会社での設計ソフトCADをツールとした設計業務の経験、③(地独)岩手県工業技術センターにおいて3次元CADソフトの講習、製品開発を行い、「プロダクトデザインも含む製品開発等に係る設計・開発力」が自社の強みと認識しています。

 

nomos代表 内澤啓太
略歴

2011年

岩手大学工学部材料物性工学科卒

2011年~2014年

新興プランテック株式会社
(現:RAIZNEXT)本社:横浜

2014年~2015年

​NPO法人岩手子ども環境研究所

(森と風のがっこう)

2015年~2016年12月

機屋

2017年1月開業

nomos

 

ニュース

最新情報をゲット

IMG_3662.jpg

​スーパーアークス矢巾店にReknobを導入していただきました。

2020/11/18

​盛岡つなぎ温泉病院にReknobを導入していただきました。

2020/10/28

41.png

​​岩手県 地域企業感染症対策等支援事業費補助金の対象経費としてReknobが認められました。

2020/10/2

 

連絡する

岩手県滝沢市

09087811650

 
  • Facebook
  • Twitter